東京でグラマラスラインの治療をして良かったです

つり目できつい顔立ちだった

つり目できつい顔立ちだった重要なのはアイラインどうすればタレ目になれるのか

昔からつり目できつい顔立ちだったので、悩み続けていました。
普通にしているだけで、人から怒っているのかと聞かれることが少なからずあったんです。
特に子供の頃から中学生ぐらいまでは、ノーメイクで過ごさなくてはいけません。
メイクによって多少は目元の印象を変えることができるのですが、それができなかったのでよく人に怖がられていました。
できるだけ笑顔で過ごすようにしていましたが、ずっとキープするのはとても疲れます。
たまに気を抜いて真顔でいると怒っているのかと勘違いされて怖がられるので、本当に辛かったです。
こうした悩みを解消したくて、中学を卒業してからすぐにメイクをするようになりました。
どうやるのかわからなかったので、美容系の雑誌をよく読んでいたんです。
メイクの方法が記載されている書籍も、読めるだけ読みました。
そして目元の印象を変えるために、試行錯誤を繰り返していたんです。
目はくっきりした二重ではなかったので、まずはアイプチやテープを使用していました。
そうすると二重の線がちゃんとできますし、多少目も大きくなります。
これだけだとまだ目元がきつい印象のままなので、アイメイクを丁寧にするようにしました。

目を大きくする整形まとめ🔻

二重整形→埋没法、全切開、部分切開
蒙古襞を解消する→目頭切開法(Z法、W法、三日月切開)
横幅を広げる→目尻切開
垂れ目にする→グラマラスライン形成・靱帯移動
厚ぼったい瞼を解消する→眉下切開、ROOF切除
黒目の開きを良くする→眼瞼下垂#全切開 pic.twitter.com/xVXbYM5R1u

— 輪郭整形の名医相談窓口@エラ削り•頬骨縮小•顎セットバック •オトガイ形成•両顎手術•脂肪吸引の失敗 (@seikeida) September 7, 2021