東京でグラマラスラインの治療をして良かったです

どうすればタレ目になれるのか

どうすればタレ目になれるのかインターネットで調べてみたら、グラマラスラインという治療があることを知りました。
グラマラスラインは目尻の白目の部分を露出することで、タレ目を作るといった治療です。
最初はメスで切開するのかと思い込んでいたので、躊躇っていました。
でも東京都内の美容外科でグラマラスラインの治療方法を見ていたら、皮膚を切らずにタレ目を作れることがわかりました。
瞼に極細の糸を埋め込む埋没の治療もあれば、ボトックス注射の治療もあったんです。
このどちらかの治療を選択したら、皮膚を切開するようなこともありません。
ダウンタイムもほとんどないので、どちらかの治療を試すことにしました。
ボトックス注射のほうが安心だと考えていたのですが、三ヶ月程度で効果がなくなるそうです。
つまり定期的に目元にボトックス注射をしないと、維持することができません。
この方法ではあまり意味が無いと感じて、埋没のグラマラスラインの治療を選びました。
安全な糸を使ってもらえますし、長期的にタレ目を維持することが可能です。
しかも値段もリーズナブルなので、この方法が一番良いと感じました。
さすがに治療の当日は緊張しましたが、東京で有名な美容外科を選んだので仕上がりのことは心配せずに済みました。
実際に施術が終わって理想的なタレ目が作れた時、本当に感動しました。
やっと根本的に悩みを解決できて、今では自分の顔に自信がつきました。

つり目できつい顔立ちだった重要なのはアイラインどうすればタレ目になれるのか

グラマラスライン 東京タレ目形成で優しく癒やされる印象に