東京でグラマラスラインの治療をして良かったです

重要なのはアイライン

この時に重要なのはアイラインで、キャットアイを作ってしまうと余計にきつくなります。
そのため、なるべく目尻が下がるようにしていました。
目の下にはあえてアイラインをせずに、アイシャドウだけで済ませます。
目尻が下がるように塗っていくと、ノーメイクよりも優しい目元になります。
マスカラなども上手く活用しながら、何とか目の印象を変えていました。
そうしたら、真顔でいても人から怖がられることがなくなったんです。
ただあくまでもメイクで多少印象を変えているだけなので、根本的に解決したわけではありません。
写真で自分の顔を確認すると、やはりつり目です。
あくまでタレ目のように装っているだけなので、悩みは残ってしまいました。
大人になると色気があるかどうかも重視されますが、タレ目の芸能人は特に色気があります。
ハリウッドの大女優たちも揃ってタレ目ですし、ずっと憧れていました。
メイクで誤魔化すのではなく、本物のタレ目になりたいと強く感じるようになったんです。

つり目できつい顔立ちだった重要なのはアイラインどうすればタレ目になれるのか